2009年 08月 05日

旧 曲渕炭鉱(天北石炭鉱業+宗谷炭鉱)

e0074643_19202557.jpg

e0074643_19204712.jpg


2008年09月20日・北海道稚内市大字声問村


最北の地に輝いていた記憶を辿り、
そして出遭った


                          ●Canon EOS 40D + EF-S10-22mm 1:3.5-4.5
                            Canon EOS KissDN + EF-S17-85mm 1:4-5.6 IS


   ◇     ◇     ◇     ◇     ◇


輸送手段として国鉄天北線や宗谷本線が開通すると宗谷地方でも石炭採掘が本格的になり、
曲渕炭鉱は1939(昭和14)年に開鉱となった。
天北石炭鉱業と宗谷炭鉱の2社で運営されいたようだが、
閉山はそれぞれ1959(昭和34)年と1964(昭和39)年と違っている。
また1953(昭和28)年頃には職員約230名・鉱員住宅26棟という記録があり、
集落も数1000人規模の人口があったといわれ、この地方としては規模の大きい方だった。

現在、2基(会社ごとに所有?)あったホッパーのうち辛うじて1つが残っているが、当時を伝える遺物は少ない。

 
[PR]

by mori-to_coa | 2009-08-05 19:30 | 2008


<< 曲淵地区炭鉱住宅群      木造民家 >>