2009年 08月 15日

日曹炭鉱天塩鉱業所・事務所跡

e0074643_21543730.jpg


2008年09月20日・北海道天塩郡豊富町字本流


過去の記憶を伝える
まだ新しい石碑に
目がとまる

そこには
往時そのままの姿があった


                          ●Canon EOS 40D + EF-S10-22mm 1:3.5-4.5


   ◇     ◇     ◇     ◇     ◇


天北炭田は北海道のほか産炭地(空知・石狩・留萌・釧路の各炭田)に比べると規模は小さく、
最盛期でも12の炭鉱が稼動していた程度ある。
その中で日曹炭鉱手塩鉱業所はもっとも大きな炭鉱で1936(昭和11)年に開鉱し、
1940(昭和15)年には国鉄(現JR)宗谷本線・豊富駅までの専用軌道が開通する。
軍需で開発が進み戦後も規模拡大、最盛期には年産約15万t・炭鉱員約700人・
住宅約300棟・約3000人を有する炭鉱だった。
その後、石炭品質の低下や国のエネルギー政策変換による原価引き下げなどで赤字経営となり、
1972(昭和47)年7月に閉山となった。

現在、炭鉱周辺集落は完全に無人となり、残された遺構も少ない。
記念碑は事務所跡地に建ち、その古さから素材の一部には、
選炭工場の煙突などの煉瓦が使われているように思われる。

 
[PR]

by mori-to_coa | 2009-08-15 00:00 | 2008


<< 幌延町営問寒別線・事務所跡      曲淵地区炭鉱住宅群 >>