遠い記憶、忘れられた風景。

moritocoa.exblog.jp
ブログトップ
2009年 12月 30日

旧 国鉄幌内線

e0074643_182051.jpg


2008年09月22日・北海道三笠市幌内本沢町


失われても鉄路はつなぐ
現在と過去の記憶を


                          ●Canon EOS 40D + EF-S10-22mm 1:3.5-4.5


   ◇     ◇     ◇     ◇     ◇


1882(明治15)年に官営幌内鉄道として敷設された北海道内で最も古い鉄道(手宮―札幌―幌内間)。
北炭幌内炭鉱をはじめとする沿線炭鉱からの石炭輸送が最大の目的であった。
その後、北海道炭礦鉄道に譲渡され、1906(明治39)年に鉄道国有法により国鉄幌内線となる。

炭鉱産業衰退は路線と沿線自治体には致命的で、
1980(昭和55)年の国鉄再建法により廃止の対象に。
実際の廃止は1987(昭和62)年。JR北海道発足の約3ヶ月後であった。

写真の橋梁は三笠駅から分岐し2.7㎞延びていた貨物支線(幌内住吉・幌内の2駅があった)のもの。

  
[PR]

by mori-to_coa | 2009-12-30 23:45 | 2008


<< あけましておめでとうございます...      旧 北炭幌内炭鉱 >>