「ほっ」と。キャンペーン
2013年 01月 29日

閉ざされた記録 - 04  石積倉庫

e0074643_1910640.jpg

石積倉庫 / 1997年10月6日


鉄道が物流の花形だった頃、
人が集う駅前には、倉庫が建並んでいたのだと想う。
その面影を見たくて、撮影の旅の途中よく駅に寄っていた。

北海道の畑作地帯のひとつである十勝管内(十勝総合振興局、旧十勝支庁。
またその区分を『十勝地方』と呼ぶ)には、明治期からと思われる古い倉庫がたくさんあった。
煉瓦ではなく石積であることが多いが、それはそれで趣があっていい。
写真の倉庫がどうだったかは忘れてしまったが、土地柄やはりJA(農協)所有のもが多かった。

それでGoogle Earthで位置関係を調べてみたら、
撮影メモで『JR根室本線・十勝清水』とあるのに、らしい倉庫は隣駅の『御影』に見えている。
記憶では寄った覚えもあるものの、もう15年以上も経っているうえ、
衛星の俯瞰画像で判断するは正しいといえない。

15年という歳月は短いようで長く、
北海道のローカルといえども街並みの変化は起きている。
いずれ確認の旅に出ないといけない。
いや、行きたくなったようである。


   ◇     ◇     ◇     ◇


倉庫や塀などの建築資材とするべく切りだされた凝灰岩の石。加工がしやすく『軟石』と呼ばれる。
有名な『大谷石』もその一つで、北海道には旧北海道庁の基礎にも使われた『札幌軟石』がある。
輸送コストを考えると、近場の石を使うのが普通であるあるが、
この写真の倉庫に使われたのが、何処のどの石であるかは不明である。



 
[PR]

by mori-to_coa | 2013-01-29 00:00 | Return 1996-2003


<< 閉ざされた記録 - 05  旧...      閉ざされた記録 - 03  万字曙町 >>