2013年 02月 26日

閉ざされた記録 - 07  駅前旅館

e0074643_10411784.jpg

駅前旅館 / 1997年8月22日


JR根室本線の門静駅(閉ざされた記憶01)に立ち寄った後、
同じ厚岸町内にあるに太田地区(屯田兵村)を見て、
再び同本線の上尾幌駅に行っている。
これ以前、列車に乗った時に車窓の風景として、
チラリとこの集落を見たことはあったのだが、正直いって驚きだった。

今は空家・廃屋などが大分整理されたが、
この1997年当時の姿は、時間の止まった町、
過去の町のようだったからである。

新しい産業が生まれず、一気に勢いをなくした様相は、
駅前に残る古い木造洋風の旅館が物語っていて、
その他にも一様に古い家屋が目立つ。

最初は林業だけかと想っていたが、後に炭鉱があったことも知る。
やはり『黒いダイヤ』と呼ばれた石炭が生み出す富の力は凄い。
そして夢が去った後の絶望感も、ただならぬものがあるのだった。


   ◇     ◇     ◇     ◇


厚岸町上尾幌地区には小さいながらも4鉱の炭鉱が操業し、飲食店や商店などが約20軒、
尾高・樋口・杉山と3軒の旅館が存在していた。1940(昭和15)年頃の地区人口は3800人を数える。
また八千代炭礦へのトロッコ軌道や、大東炭鉱、釧路炭礦青葉礦業所それぞれに馬車軌道が
上尾幌駅まで敷かれていた。上尾幌森林軌道も1950(昭和25)年まで存在していた。
この旅館は屋号から尾高旅館と想われたが、解体されて実在していない。



 
[PR]

by mori-to_coa | 2013-02-26 00:00 | Return 1996-2003


<< 592ページの旅      閉ざされた記録 - 06  記... >>