遠い記憶、忘れられた風景。

moritocoa.exblog.jp
ブログトップ
2013年 03月 26日

閉ざされた記録 - 09  夕張市鹿島

e0074643_23191418.jpg

夕張市鹿島 / 1997年10月6日


初めて訪れた夕張市鹿島は、
古い街並みが続く、割と大きな集落だった。

ご老人が目立つが人々が暮らし、
その光景は、よくある北海道の山村のそのもの。
ただ、違っていたのは集団移転で、
地区そのものがなくなることが決まっていたことである。

すでに空家や廃屋、先行して移転した住宅等の解体が始まっていて、
その中で日々の暮らしが営まれていた。

移動販売車がかなり寂しくなった住宅街の一角に止まり、買い物に集まる住民たち。
何時からかは分からないが、商店などのほとんどはもう営業していないようだった。

国道を股ぐ歩道橋に『ありがとう… 』、『さよなら… 』とか横断幕が掲げてあった記憶があるが、
撮らずに後にしたので、ひょっとしたらまだ走っていた路線バスだったかも知れない。
ただただ、切なさに襲われる集落(まち)の状況だった。

廃墟には歴史や時間、生活や人の記憶が宿る。
それを撮れたらと想って始めたが、しかしその一歩手前は悲壮感に満ち、
すごく辛いもであった。


   ◇     ◇     ◇     ◇


三菱鉱業の炭鉱とともに発展した夕張市の一地区。集落人口は最盛期で2万人にもおよび、
ひとつの都市並みに社会インフラが整備され、大変栄えた街であった。
石炭産業の下火とともに衰退が始まり、1990(平成2)年の三菱南大夕張炭鉱閉山が決定的となる。
その後、シューパロダムの嵩上げ事業により、地区全体が水没するため集団移転となり
1998(平成10)年に住民の全てがこの地を去った。




 
[PR]

by mori-to_coa | 2013-03-26 00:00 | Return 1996-2003


<< MONOCHROME LAND...      閉ざされた記録 - 08  美... >>