2007年 11月 21日

旧日本軍本土防衛陣地・引臼レーダー

e0074643_19413784.jpg


2007年4月23日・北海道根室市歯舞


60年以上の月日が流れ
人々の想いが薄れていく中、
この遺構は、その記憶を呼び戻す
接点であるかのようだった。


                          ●Canon EOS Kiss DN + EF-S10-22mm 1:3.5-4.5


   ◇     ◇     ◇     ◇     ◇


第二次世界大戦末期の1944(昭和19)年から翌年にかけ、
根室半島にはアメリカ軍の上陸に備えて、本土防衛のための施設が建造された。
それは敵を向かい討つための陣地であるトーチカが多い。
ただ中には飛行場や電探所(地下施設)もあり、当時の状況を知る興味深い一群と呼べる。
幸運にも戦後、それらはほとんどが放置されたままで、今でもかなりの数の姿を見ることができる。
このレーダー施設跡もその一つで、少し離れたところにある電探所関連の設備だと考えられている。

 
[PR]

by mori-to_coa | 2007-11-21 19:45 | 2007


<< 旧 三菱石油・雄別給油所跡      旧日本軍本土防衛陣地・落石トー... >>