「ほっ」と。キャンペーン
2008年 03月 25日

旧別海町(村)営軌道・釧路製作所 昭38製 自走客車

e0074643_18263158.jpg
e0074643_18265242.jpg


2007年08月26日・北海道野付郡別海町奥行臼


コトコトと走る小さな車輛
緑萌ゆる原野を往く

古き時代のノスタルジア


                          ●Canon EOS KissDN + EF-S10-22mm 1:3.5-4.5


   ◇     ◇     ◇     ◇     ◇


舗装道路が一般的なる以前、春先に道路が混泥化する北海道には、
それに代わって農道の役割を果たした殖民軌道が多く存在していた。
その中で一番最初に敷設されたのが、この旧別海町(村)営軌道である。
当初は馬による馬車軌道であったが、動力され生乳の集荷に活躍する。
その後、この路線は国鉄線に格上げされたが、
ルート変更された根室市厚床~別海町上風蓮の一部が、再び馬車軌道として残った。
路盤の悪かったこの線区は、後に別海町奥行臼からの新路線が建設され、動力化される。
車輛はその時代のもので、この鉄道の廃止まで使用された。
また釧路製作所は雄別炭礦の閉山解散後の継続会社の一つである。
 
 
[PR]

by mori-to_coa | 2008-03-25 00:00 | 2007


<< 冷凍倉庫跡      旧 JR標津線・踏切跡 >>