遠い記憶、忘れられた風景。

moritocoa.exblog.jp
ブログトップ
2008年 05月 27日

旧国鉄・有蓋貨車ワム80000(JR石勝線・夕張駅旧駅舎)

e0074643_21334365.jpg


2007年10月06日・北海道夕張市富岡


めぐり歩いた過去は
厳しい現実か

いま終着の地に着く


                          ●Canon EOS KissDN + EF18-55mm 1:3.5-5.6Ⅱ


   ◇     ◇     ◇     ◇     ◇


国鉄がJRに移行する時、北海道では多くの古い木造駅舎が貨車を代用したものに置き換えられた。

夕張では1985(昭和60)年に路線長を1.3㎞短縮し、市役所併設の市民会館の前に
有蓋緩急車ワフ29500×2両+有蓋車ワム80000×1両の計3両を使った駅舎が登場した。
これは駅舎もホーム挟んで引かれた線路上にあるというユニークな形状をしていたが、
市制を引く街の顔として、その評判はよくなかった。
5年後にはホテル建設など観光開発に絡み更に路線長を800m短縮し、
現在の場所に瀟洒な3代目駅舎が建設されて、短期間の使用に終わっている。

その後、待合室に使われていたと思われるワフ29500×2両は、
石炭の歴史村にあるSL館近くで休憩室として使用され、
このワム80000は倉庫として使われているのか、
旧アドベンチャーファミリー付近の駐車場脇に置かれている。

また初代駅舎は廃止後、歴史村の事務所として使われていたが、
道道の付け替え工事により2007(平成19)年に解体された。
 
 
[PR]

by mori-to_coa | 2008-05-27 00:00 | 2007


<< 旧 北炭専用送電鉄塔      ゆうばり石炭の歴史村・旧 アド... >>