遠い記憶、忘れられた風景。

moritocoa.exblog.jp
ブログトップ
2008年 06月 10日

旧 住友奔別炭鉱立坑櫓

e0074643_1312345.jpg
e0074643_1314426.jpg
e0074643_132025.jpg


2007年10月06日・北海道三笠市奔別町


過ぎ去った歳月と、
過ぎ去ろうとしている時間。

堂々とした姿を、
何時までもこの地に。


                          ●Canon EOS KissDN + EF-S10-22mm 1:3.5-4.5
                                          + EF-S18-55mm 1:3.5-5.6Ⅱ
                                          + EF55-200mm 1:4.5-5.6Ⅱ


   ◇     ◇     ◇     ◇     ◇


1960(昭和35)年、奔別坑と弥生坑を統合すために建設された。
2つの坑の石炭をこの施設のゲージで揚げることができ、生産の強化また合理化の要になる。
しかしながらエネルギーの石油への転換が進み1971(昭和46)年に閉山となった。

また櫓の高さ約51mというのは、現存する立坑の中では日本国内最大であるが、
建設後、50年近い年月が経ち保守・修繕が行われていないことから
老朽化が進んでいるともいわれる。

 
[PR]

by mori-to_coa | 2008-06-10 00:00 | 2007


<< 旧 北炭幾春別炭鉱錦立坑櫓      旧 北炭専用送電鉄塔 >>