遠い記憶、忘れられた風景。

moritocoa.exblog.jp
ブログトップ
2008年 08月 19日

旧国鉄・キハ82形(キハ80系)特急型気動車

e0074643_19215758.jpg
e0074643_1922984.jpg
e0074643_1922217.jpg


2007年10月07日・北海道三笠市本町


広大な北の大地を駆け抜けた誇りを秘めて眠る


                          ●Canon EOS KissDN + EF-S10-22mm 1:3.5-4.5


   ◇     ◇     ◇     ◇     ◇


1960(昭和36)年に非電化区間を高速運転化すべく開発された
日本初の特急型気動車(ディーゼルカー)。最高時速100㎞/h。
キハ82は、当初のキハ81で採用したボンネット型を捨てて貫通扉を備えた
車両編成の増減に容易に対応できるタイプである。
1961(昭和37)年から量産がはじまり全国各地の路線に投入されると、
ローカル線同様いわれた地方路線の輸送増強の貢献した。
晩年は非電化区間の多い北海道で高速輸送の大役を果たす。
それらに『おおぞら(釧路―函館)』・『北斗(札幌―函館)』・『北海(札幌―函館・小樽経由)』
『オホーツク(網走―札幌)』・『おおとり(網走―函館)』があり、この地でDC特急黄金期を築いたといってもよい。
その後、新型車両の登場により徐々に廃車となり、1986(昭和61)年に定期運用から引退した。
三笠市のクロフォード記念公園に保存されている車両は、おもに『おおぞら』に運用されていたもの。

 
[PR]

by mori-to_coa | 2008-08-19 00:00 | 2007


<< 旧 三井美唄互楽館      旧 北炭幌内炭鉱遺構群 >>