2008年 11月 11日

旧 住友赤平炭鉱排気立坑

e0074643_21251093.jpg


























2007年10月07日・北海道歌志内市上歌


繰り返された変動は、
閉山という終止符で止まる。

残された遺産には、
往年の勢いはないというが…


                          ●Canon EOS KissDN + EF-S10-22mm 1:3.5-4.5


   ◇     ◇     ◇     ◇     ◇


1917(大正6)年に坂炭砿として採炭を開始する。1924(大正13)年に共同経営者として住友合資が参入。
数回の社名変更の後、1956(昭和31)年、住友石炭鉱業赤平砿に統合された。
1987(昭和62)年には坑口を集約する合理化で住友赤平炭鉱の排気立坑に改修され、
1994(平成6)年の閉山までその役割を果たす。
現存する施設は最初、住友上歌志内砿第一立坑櫓として1927(昭和2)年に完成したもので、
また坑道は地下でつながっている。

 
[PR]

by mori-to_coa | 2008-11-11 00:00 | 2007


<< 旧 住友赤平炭鉱立坑櫓      旧 悲別ロマン座(上歌会館) >>