遠い記憶、忘れられた風景。

moritocoa.exblog.jp
ブログトップ
2008年 11月 18日

旧 住友赤平炭鉱立坑櫓

e0074643_18233668.jpg
e0074643_182417.jpg
e0074643_18242421.jpg


2007年10月07日・北海道赤平市赤平


輝ける栄光に
影を落としたもの

それは世の中の流れか
それとも…


                          ●Canon EOS KissDN + EF-S10-22mm 1:3.5-4.5
                                          + EF55-200mm 1:4.5-5.6Ⅱ


   ◇     ◇     ◇     ◇     ◇


1859(明治28)年に北炭が操業を開始しその後、住友が経営を引き継ぎ、
戦後には、日本国内の石炭増産の必要性から重点的に資本が注入された。
それは複雑な地層からの採炭を行うためでもあり、
1963(昭和38)年には、現在残されている立坑と櫓が5年の歳月をかけ造られる。
それによって生産量は年間190万tにもおよび、北海道内の住友系炭鉱の中核となった。
他の炭鉱と同様に政府のエネルギー変換政策によって1993(平成5)年には閉山するが、
埋蔵量はまだ豊富にあるといわれる。

 
[PR]

by mori-to_coa | 2008-11-18 00:00 | 2007


<< 旧 北炭赤間炭鉱選炭工場      旧 住友赤平炭鉱排気立坑 >>