遠い記憶、忘れられた風景。

moritocoa.exblog.jp
ブログトップ
2008年 12月 02日

旧 三井芦別鉄道炭山川鉄橋+DD501+セキ3000

e0074643_1941158.jpg


























2007年10月07日・北海道芦別市中の丘町


終の姿が見せる
往時の躍動


                          ●Canon EOS KissDN + EF-S18-55mm 1:3.5-5.6Ⅱ


   ◇     ◇     ◇     ◇     ◇


この鉄道は三井芦別炭鉱から石炭を運ぶためにつくられた。
1945年(昭和20年)営業を開始し、1949年(昭和24年)からは旅客輸送も行う。
その後、産業の衰退にともなう人口減や石炭輸送の自動車化によって、
1989年(平成元年)3月26日、すでに終了していた旅客扱いに続き石炭輸送も廃止され、44年間の歴史に幕を下ろした。
廃止後、ほとんどの施設は撤去されたが、芦別市が鉄橋とディーゼル機関車DD501+石炭車セキ3000を保存。
橋の上に展示するその方法は他にあまり例がない。
また国道452号の炭山川橋も同鉄道橋に平走する形であったが、
近年架け替えが行われ車両を間近で見るのが難しくなった。

 
[PR]

by mori-to_coa | 2008-12-02 00:00 | 2007


<< 幌内ダム      旧 北炭赤間炭鉱選炭工場 >>