<   2007年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧


2007年 05月 31日

旧 落石無線電信局・90mアンテナ塔基礎

e0074643_22262857.jpg
e0074643_22274520.jpg


2006年05月11日・北海道根室市西落石


残されたものは歴史を語る
この地での生活と名声を。


                          ●Canon EOS Kiss DN + EF-S18-55mm 1:3.5-5.6 Ⅱ


   ◇     ◇     ◇     ◇     ◇


落石無線電信局は1908(明治41)年、おもに北米航路および付近を航行する船舶と、
無線電信を行うために設置される。
後に船舶・航空などのほか千島・樺太(現在のサハリン)・カムチャツカの陸上局(電信局・郵便局)
とも固定通信業務を行っていた。
業務は公衆電報・遭難通信・気象通報・航行警報および報時通信など多岐にわたる。

1931年(昭和6年)には、リンドバーグ(米)の偉業である北太平洋横断飛行の途中に、
シリウス号は濃霧の中をこの局の誘導により根室港に着水し、市民に来訪の歓迎を受けている。

大正時代以降に造られた施設は鉄筋コンクリート造の局舎と90m高をはじめとするアンテナ塔が5基(時代により変化)、
付属する長大な居住棟が5棟、格納庫・共同浴場など、
驚くことにテニスコートまでが存在して、職員の家族を含めて100人あまりがここで生活し、
日々の業務をしていたという。

現在でも改修された局舎(個人所有)と90mのアンテナ塔の基礎4基、
それに居住区の基礎を中心とした遺構が残っている。 

                                    (参考資料:落石無線電報局沿革史・北海道 無線のあゆみ)
 
[PR]

by mori-to_coa | 2007-05-31 00:00 | 2006
2007年 05月 21日

造船所群跡

e0074643_21535923.jpg


2006年05月03日・北海道根室市海岸町


失われた在りしの姿に想いを寄せて生きる街。

漂う焦燥感はゆるやかに、そして確実に
人々のささやかな希望を
消し去って行く。


                          ●Canon EOS Kiss DN + EF-S18-55mm 1:3.5-5.6 Ⅱ


   ◇     ◇     ◇     ◇     ◇


根室市の根室港周辺には、多くの造船所が存在していた。
おもに漁船を造り、これは北洋海域で展開されたこの町の基幹産業である水産業を支えていた。
今では全てが閉鎖され、新しい船がこの港で進水することはなくなっている。

 
[PR]

by mori-to_coa | 2007-05-21 00:00 | 2006
2007年 05月 11日

旧日本軍本土防衛陣地・長節トーチカ 1

e0074643_14553521.jpg


2006年05月02日・北海道根室市長節


その旗の下に流された血と汗は、
歳月の中に埋もれた。

思考は迷走し、
虚しさが支配した時代。


                          ●Canon EOS Kiss DN + EF-S18-55mm 1:3.5-5.6 Ⅱ


   ◇     ◇     ◇     ◇     ◇


1944(昭和19)年の夏から翌年にかけて、根室市をはじめとする東北海道の太平洋岸には、
本土防衛のために多くのトーチカが造られた。
建造当時は埋設されていたが戦後、砂の採取や飛散によって姿を現して、容易に確認できるものも多い。
またこれらの施設が実戦で使われることはなかった。
 
 
[PR]

by mori-to_coa | 2007-05-11 00:00 | 2006