<   2007年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧


2007年 06月 22日

旧 雄別炭礦病院

e0074643_17451977.jpg
e0074643_17453768.jpg
e0074643_17455469.jpg


2006年05月18日・北海道釧路市阿寒町雄別


ゆるやかな回廊を歩いていた人たちは
すべて去った。

敬意を払われなくなった瀟洒な建物は破壊され、
無残な姿を樹々の合い間に横たえている。


                          ●Canon EOS Kiss DN + EF-S18-55mm 1:3.5-5.6 Ⅱ


   ◇     ◇     ◇     ◇     ◇


旧雄別炭礦は従業員数3000人、
周辺の集落人口が12000人を数えた道東有数の炭鉱であった。
1960年(昭和45年)に閉山し、かなりの歳月が経過しているが、
規模が大きかったことから多くの構造物が廃墟化し残っている。

住民の病院とし機能していた美しい佇まいの建物は、
残念ながら破壊が進み、落書きも非常に多い。
 
 
[PR]

by mori-to_coa | 2007-06-22 17:45 | 2006
2007年 06月 11日

鴻ノ舞鉱山・鉱山住宅

e0074643_17461617.jpg
e0074643_17463242.jpg


2006年05月17日・北海道紋別市鴻之舞


還る
緑に還る

そして土に…

めぐる命
めぐる想い


                          ●Canon EOS Kiss DN + EF-S18-55mm 1:3.5-5.6 Ⅱ


   ◇     ◇     ◇     ◇     ◇


昭和時代に東洋一の金の生産量を誇り、
人口1万人を超える人たちが暮す街であった。
1973(昭和48)年に資源の枯渇と金の市場価格の下落で、
閉山されたあと、町そのものも消えた。

総生産量は金64.7t ・銀965t 。

今は旧鉱山を管理する会社の小さな事務所と、
職員宿舎の何棟かに人の生活があるだけだ。
 
 
[PR]

by mori-to_coa | 2007-06-11 17:45 | 2006
2007年 06月 02日

旧国鉄士幌線・第四音更川橋梁

e0074643_1616069.jpg


2006年05月17日・北海道河東郡上士幌町黒石平


自然の中に見え隠れする記憶は
人々の心に何を伝える。

懐かしい想い出だろうか、
または失われた過去なのだろうか…


                          ●Canon EOS Kiss DN + EF-S18-55mm 1:3.5-5.6 Ⅱ


   ◇     ◇     ◇     ◇     ◇


士幌線は1925年(大正14年)に軽便鉄道として敷設され、
その後、区間を延伸しながら国鉄線となり1939年(昭和14年)十勝三股までの営業を開始する。
だが肝心な利用客は年々減少し、糠平―十勝三股は1978年(昭和53年)からバスによる運行を行っていた。
1987年(昭和62年)には国鉄再建法の制定により廃止。

線路が険しい谷間にあったため多くの橋梁が造られ、今でもその姿を見ることができる。
 
 
[PR]

by mori-to_coa | 2007-06-02 15:15 | 2006