遠い記憶、忘れられた風景。

moritocoa.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2008年 01月 29日

旧 雄別炭礦・坑木運搬用軌道コンクリート橋脚

e0074643_19371413.jpg

e0074643_193705.jpg


20077年07月02日・北海道釧路市阿寒町徹別


私の脳裏に、
人々が歩んで来た歴史を運ぶかのように、
空想世界の列車が通り過ぎた。

地図にない失われた鉄路の残影が、
ここにあった街の繁栄と衰退を語りかけて来る。


                          ●Canon EOS Kiss DN + EF-S10-22mm 1:3.5-4.5


   ◇     ◇     ◇     ◇     ◇
 

坑道の補強をするための坑木などを運搬していたトロッコ軌道。
詳しいことについては情報収集中です。

  
[PR]

by mori-to_coa | 2008-01-29 19:45 | 2007
2008年 01月 22日

旧 雄別炭礦・職員倶楽部②

e0074643_2347951.jpg
e0074643_23472943.jpg
e0074643_23474292.jpg
e0074643_23475562.jpg
e0074643_2348958.jpg


2007年07月02日・北海道釧路市阿寒町雄別


時間(とき)の流れは残酷で、
日々、刻々と朽ちる様は止めようもない。

でも、その一瞬にみせる美しさが、
廃墟の魅力なのだ。

運よく出遭うこともあれば、
振られることもある。


                          ●Canon EOS Kiss DN + EF-S10-22mm 1:3.5-4.5


   ◇     ◇     ◇     ◇     ◇
 

雄別炭礦が管理していた付属施設で、おもに官庁等からの来賓をもてなすのに利用されていた。
毎夜のようにパーティーが開かれていたという秘話が残り、そのつくりの豪華さから『雄別御殿』と呼ばれていた。
閉山後、隣接して建てられていた職員合宿(寮)とともに山荘として利用されたが、すぐに閉鎖される。
現在は職員倶楽部のみ残っているが、木造モルタル造の建物は痛みが激しく、崩壊寸前である。

 
[PR]

by mori-to_coa | 2008-01-22 00:00 | 2007
2008年 01月 15日

旧 落石無線電信局・90mアンテナ塔基礎②

e0074643_16153491.jpg
e0074643_1615514.jpg
e0074643_16161918.jpg


2006年06月17日・北海道根室市西落石


見慣れた光景にも何度も足を運び、
カメラを向ける。

刻まれた歴史は
なかなか全容を見せてはくれないが、
理解することで、はじめて写真となる。


                          ●Canon EOS Kiss DN + EF-S10-22mm 1:3.5-4.5


   ◇     ◇     ◇     ◇     ◇


落石無線電信局は1908(明治41)年、おもに北米航路および付近を航行する船舶と、
無線電信を行うために設置される。
後に船舶・航空などのほか千島・樺太(現在のサハリン)・カムチャツカの陸上局(電信局・郵便局)
とも固定通信業務を行っていた。
業務は公衆電報・遭難通信・気象通報・航行警報および報時通信など多岐にわたる。

1931年(昭和6年)には、リンドバーグ(米)の偉業である北太平洋横断飛行の途中に、
シリウス号は濃霧の中をこの局の誘導により根室港に着水し、市民に来訪の歓迎を受けている。

大正時代以降に造られた施設は鉄筋コンクリート造の局舎と90m高をはじめとするアンテナ塔が5基(時代により変化)、
付属する長大な居住棟が5棟、格納庫・共同浴場など、
驚くことにテニスコートまでが存在して、職員の家族を含めて50人前後あまりがここで生活し、
日々の業務をしていたという。

現在でも改修された局舎(個人所有)と90mのアンテナ塔の基礎4基、
それに居住区の基礎を中心とした遺構が残っている。 

                                    (参考資料:落石無線電報局沿革史・北海道 無線のあゆみ)
 
[PR]

by mori-to_coa | 2008-01-15 16:15 | 2007
2008年 01月 08日

旧日本軍本土防衛陣地・長節トーチカ 1 ― その後 ―

e0074643_19222491.jpg


■ 2007年05月23日・北海道根室市長節 ■


思い込みというのは、怖い。

ずっとこのままだろうと考えていたものが、
ある日、突然と壊されてしまうからだ。


戦後、不要になったこれらの施設は、
土地と一緒に構造物も払下げられた。
もちろん現在、民有地にあることが多いし、
文化財(市町村レベル)などにも指定されていない。

個人所有のものなので撤去はいたしかたないが、
これらの歴史的遺産に想いを寄せる人も少なくない。

急に利用策が出るわけでもないが、
古いモノ、必要のないものから価値を見出す、
これからの日本に求められることだ。


                          ●Canon EOS Kiss DN + EF-S10-22mm 1:3.5-4.5


   ◇     ◇     ◇     ◇     ◇


ありし日の姿

  
[PR]

by mori-to_coa | 2008-01-08 19:30 | 2007
2008年 01月 01日

あけましておめでとうございます。 2008

e0074643_10435821.jpg


旧年中は多大なるアクセス、心よりお礼申し上げます。
本年もご愛顧のほど、宜しくお願い致します。


2008.1.1

コアこと、森 利博


   ◇     ◇     ◇     ◇     ◇


*2008年は、毎週火曜日のブロク更新です。
 
 
[PR]

by mori-to_coa | 2008-01-01 10:30 | インフォメーション