遠い記憶、忘れられた風景。

moritocoa.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧


2009年 05月 30日

旧日本軍本土防衛陣地・桂木トーチカ1, 2

e0074643_1820225.jpg

e0074643_18202183.jpg


2008年08月09日・北海道根室市桂木


忘れられない記憶
知らない記憶

流れた歳月に
たどる想いは違っても
その存在は変わらない


                          ●Canon EOS 40D + EF-S10-22mm 1:3.5-4.5


   ◇     ◇     ◇     ◇     ◇


1944(昭和19)年の夏から翌年にかけて、防衛のために多くのトーチカが建造された。
当時は砂の中に埋設されていたが戦後、砂の採取や飛散によって完全に姿を現しているものが多い。
アメリカ軍による攻撃や破壊はなく、一部は戦後、工事時などに撤去されたといわれているが
今でも、市内の海岸部中心に15基のトーチカと2ヶ所の地下施設などが現存している。

  
[PR]

by mori-to_coa | 2009-05-30 18:30 | 2008
2009年 05月 25日

旧 標津ニコライ亭

e0074643_19204187.jpg


2008年07月13日・北海道標津郡標津町字忠類


どれだけ歳月が経とうとも
もらえない栄誉

時代が創り出した虚像


                          ●Canon EOS 40D + EF-S10-22mm 1:3.5-4.5


   ◇     ◇     ◇     ◇     ◇


1891(明治24)年、東京都千代田区に完成したビサンティン様式のキリスト正教会の大聖堂を
模したドライブイン型の観光商業施設。
レストランを核として、そのデザインが目を惹く建物であったが現在は営業を終えている。
営業形態など詳細は不明。
またこういったデザインの模倣や仮想を実体化した構造物は
公共施設を中心に1980年代から増え出し、街角そのものをテーマ・パーク化していった。


e0074643_20473027.jpg

 
[PR]

by mori-to_coa | 2009-05-25 19:15 | 2008
2009年 05月 20日

旅人宿 北方旅団跡

e0074643_18591584.jpg


2008年07月13日・北海道斜里郡斜里町字日の出


流れる去る時間と
止められない変革

気がつけば消えていた


                          ●Canon EOS 40D + EF-S10-22mm 1:3.5-4.5


   ◇     ◇     ◇     ◇     ◇


ライダーハウスをはじめとする簡易な宿泊施設は、現在でも北海道に多く存在している。
それらの中で、過去に異質的ともいえる存在感を放っていたのがこの北方旅団であった。
斜里町内に2ヶ所を確認しているが、名前以上に鮮やかな黄色を使った宿泊施設等が目を惹いていた。
営業の始終や形態、詳しいことは不明だが、1996(平成8)年から新たな場所で
その流れを受け継ぐライダーハウスが営業中である。
なおこれらの変動は現在の旅行スタイルの変化が強く影響しているようだ。

 
[PR]

by mori-to_coa | 2009-05-20 19:00 | 2008
2009年 05月 15日

旧国鉄根北線・第一幾品川橋梁

e0074643_1815469.jpg


2008年07月13日・北海道斜里郡斜里町字越川


偉業ともいえる
人々の労働の結晶を
見上げた

                          ●Canon EOS 40D + EF-S10-22mm 1:3.5-4.5


   ◇     ◇     ◇     ◇     ◇


1939(昭和14)年に着工し、翌1940(昭和15)年に完成。
長さ147m、最大地上高21.6mの10連コンクリートアーチ橋で、戦前に造られたものとしては北海道最大であった。
しかし国鉄根北線の工事が1941(昭和16)年に中止となり、戦後再開され開通したが越川駅止まりとなる。
実際に列車が走ることはなかった。
また建設には戦時下で不足していた鉄材、それにかわる竹や木材などの心材も用いない工法がとられたといわれ、
土木技術の高さがうかがえる。
1973(昭和48)年に跨いでいた国道の改良拡幅工事の際に一部が解体撤去されて、
7連と1つのアーチに分断された。

  
[PR]

by mori-to_coa | 2009-05-15 18:30 | 2008
2009年 05月 10日

知床開拓地跡(岩尾別地区)

e0074643_22495893.jpg

e0074643_22501513.jpg

e0074643_18465694.jpg

e0074643_22504643.jpg


2008年07月13日・北海道斜里郡斜里町大字遠音別村字岩尾別


知床の地に切り開かれた夢は
国策と時代の流れに
その終わりを見る


                          ●Canon EOS 40D + EF-S10-22mm 1:3.5-4.5
                            Canon EOS KissDN + EF55-200mm 1:4.5-5.6Ⅱ


   ◇     ◇     ◇     ◇     ◇


ここでは小麦・大豆・馬鈴薯(ジャガイモ)などの畑作、また牛・豚などの畜産が営まれていた。
生活は自給自足が基本で社会基盤も住民が整えたものが多く、
住む家はもちろんのこと上水道や学校建設、公民館・神社・墓地なども整備され、自家発電も行っていたという。
また開拓地は岩尾別地区と幌別地区に分かれていて、それぞれが村として独立していた。

 
[PR]

by mori-to_coa | 2009-05-10 23:00 | 2008
2009年 05月 05日

知床開拓地跡(幌別地区)

e0074643_20273923.jpg

e0074643_18192266.jpg

e0074643_18194064.jpg

e0074643_18195557.jpg


2008年07月12-13日・北海道斜里郡斜里町大字遠音別村字岩尾別


多くの人たちが夢見た希望の地
その想いに振り返る

遠い記憶、今は森へ


                          ●Canon EOS 40D + EF-S10-22mm 1:3.5-4.5


   ◇     ◇     ◇     ◇     ◇


自然の偶然よってつくられた山間部にあるなだらかな土地を農地とするため、
明治時代末、開拓が計画される。実際の入植は1914(大正3)年から始まり、
集団入植によって開拓者が増えるのはその4年後になってから。
戦後の1945(昭和20)年からは食料・就業対策のため農水省によりさらに開拓事業が計画され、
入植者は増加して行った。
計3度の集団入植があり1955(昭和30)には世帯数約60戸(詳しい記録はないが
人口200~300人前後ではないだろうか)までになっている。
入植は政府が推進したものであったが過度の開拓事業の見直し、
高度経済成長による都市部の労働者不足を補うため離農を助成したことや、
知床半島の国立公園化の流れがあり、1966(昭和41)年に集団離村に合意した
(実際には一部が引き続き耕作をしていたため、完全な離村は何年も後のことになる)。
その後、残された家屋等も風雨雪などによりほとんどが倒壊している。
唯一、屋根が落ちずに残っていた国道沿いの民家は2008年の秋から修復されて、
この地の開拓の歴史と自然との関りを伝えるため保存活用されることになった。
また開拓地跡は現在100㎡運動から始まったトラスト用地となっていて、
森林再生事業が行われ保全されている。

*見学・撮影などは道路脇から見えるものだけにしたい。
ヒグマが普通に生息している地域であるため、
緊急時への充分な判断・対処のできない状態で探索は非常に危険である。

 
[PR]

by mori-to_coa | 2009-05-05 23:45 | 2008