「ほっ」と。キャンペーン

<   2009年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧


2009年 06月 30日

食堂跡

e0074643_20202395.jpg


2008年09月20日・北海道枝幸郡枝幸町風烈布


『ラーメン・定食』

ホルスタイン柄に塗られた外壁に
書かれたメニュー

街外れの国道脇に
過ぎ去りし昭和の風情


                          ●Canon EOS KissDN + EF-S17-85mm 1:4-5.6 IS


   ◇     ◇     ◇     ◇     ◇


以前は北海道各地の主要国道沿いに存在していたドライブイン型店舗。
街外れだけでなく原野にポツンとあるもの多く、独特の景観を創り出していたが、
コンビニや道の駅の台頭により、現在は営業していなものがほとんどである。


e0074643_2049449.jpg

  
[PR]

by mori-to_coa | 2009-06-30 20:15 | 2008
2009年 06月 25日

旧 雄武線(北隆鉱山)

e0074643_22274878.jpg


2008年09月20日・北海道紋別郡雄武町字道有林


夢を見ていた

いろいろな人が
いろいろな夢を見ていた

そして私も
ここでその夢のあとを見た


                          ●Canon EOS KissDN + EF-S17-85mm 1:4-5.6 IS


   ◇     ◇     ◇     ◇     ◇


1918(大正7)年に鉱脈が発見された北隆鉱山は
1927(昭和2)年、採掘権が日本鉱業に移り本格操業を開始する。
1935(昭和10)年には青化精錬所が稼動したが、
戦時下の効率を優先させた『金山整備』により1941(昭和16)年に休山(事実上の閉山)。
終戦後に新たな鉱脈が探索されたが、ついに本格再開されることはなかった
(鉱脈の規模が小さく総産出量、金3t ・銀12tで終る。
ただ鉱石1tあたりの含有量が37gと鴻ノ舞鉱山より高く、良質な鉱脈だった)。

現在は雄武町中心部から伸びていた鉱山鉄道(簡易軌道)と思われる橋梁跡と、坑口の構造物が残るのみだが、
案内板が設置され鉱山と街(上雄武?)の様子を知ることができる。

  
[PR]

by mori-to_coa | 2009-06-25 22:30 | 2008
2009年 06月 20日

旧 ざいもく岩トンネル

e0074643_1753034.jpg

e0074643_17532115.jpg


2008年08月24日・北海道目梨郡羅臼町共栄町,海岸町


現役を終えたトンネルの姿に
ハッとさせられるのは
それが風景の中で
異質な存在となったからだろう


                          ●Canon EOS 40D + EF-S10-22mm 1:3.5-4.5
                            Canon EOS KissDN + EF-S17-85mm 1:4-5.6 IS


   ◇     ◇     ◇     ◇     ◇


トンネル本体の老朽化や軟弱・危険地盤への対処、
また国道や道道の設置基準(通行安全性の確保)の見直しなどで、
北海道では多くのトンネル付け換え工事が行われているようである。
旧トンネルは出入口を密閉されることが多いが、
倉庫などとして活用されることもあり、
この旧ざいもく岩トンネルも漁業関係の資材置場として利用されている。

 
e0074643_19102011.jpg

 
[PR]

by mori-to_coa | 2009-06-20 19:00 | 2008
2009年 06月 15日

旧 知床開拓地・サイロ跡

e0074643_1145281.jpg

e0074643_11501290.jpg


2008年08月24日・北海道斜里郡斜里町大字遠音別村字岩尾別


忘れられた記憶に
この地の歴史を知る


                          ●Canon EOS 40D + EF-S10-22mm 1:3.5-4.5
                            Canon EOS KissDN + EF-S17-85mm 1:4-5.6 IS


   ◇     ◇     ◇     ◇     ◇


この地での農作物の生産は種イモとしてブランドまでになった馬鈴薯(ジャガイモの一品種)を除くと難しく、
早期に牧畜への変換も図られている。
1951(昭和36)年には幌別地区、1953(昭和38)年には岩尾別地区に
それぞれ共同牧場・共同放牧地がつくられた。
写真は岩尾別地区に残るサイロ。

 
e0074643_11513143.jpg

 
[PR]

by mori-to_coa | 2009-06-15 12:00 | 2008
2009年 06月 10日

旧 知床開拓地・澱粉工場跡

e0074643_19173630.jpg

e0074643_19181581.jpg

e0074643_19184348.jpg


2008年08月24日・北海道斜里郡斜里町大字遠音別村字岩尾別


過酷だったなんて
後世の勝手な想像かもしれない
自然と共に生きる
それが人間本来の姿だった。


                          ●Canon EOS 40D + EF-S10-22mm 1:3.5-4.5
                            Canon EOS KissDN + EF-S17-85mm 1:4-5.6 IS


   ◇     ◇     ◇     ◇     ◇


1955(昭和30)年に建設に着工。
この地で生産していた規格外の馬鈴薯(ばれいしょ=ジャガイモ)の種イモを原料に澱粉(でんぷん)を生産する。
しかし4年後の1959(昭和34)年、組合が中斜里に大規模な澱粉工場を誘致するため交換条件を受け入れ、
町内にあった多くの工場を閉鎖とした。この知床開拓地の澱粉工場も同様の経緯で閉鎖となる。
その後、コンクリート製の水槽はサケ・マス養殖に再利用されていた記録がある。


e0074643_19191174.jpg

[PR]

by mori-to_coa | 2009-06-10 19:15 | 2008
2009年 06月 05日

旧 知床開拓地・ブロック積み建築跡

e0074643_18495995.jpg

e0074643_18502099.jpg

e0074643_18505465.jpg


2008年08月24日・北海道斜里郡斜里町大字遠音別村字岩尾別


残された痕跡は
その地の生活を語る


                          ●Canon EOS 40D + EF-S10-22mm 1:3.5-4.5


   ◇     ◇     ◇     ◇     ◇


この知床開拓地を含めて斜里町では多くのブロック積みの家屋・納屋・畜舎などが建てられている。
それは鉄筋などの骨材なしで誰でも簡単に積めたことや、
当時、道路環境の悪かったこの場所までの輸送にも適していたことが考えられる。
正しく生活環境が生んだ建築様式で、この地の風土といってよいだろう。

 
[PR]

by mori-to_coa | 2009-06-05 19:00 | 2008