<   2010年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2010年 02月 26日

番屋跡

e0074643_1143352.jpg

e0074643_11432077.jpg


■ 2008年10月18日・北海道厚岸郡浜中町嶮暮帰(嶮暮帰島)


日々進化する文明
時代が変えたスタイル


                          ●Canon EOS KissDN + EF-S17-85mm 1:4-5.6 IS


   ◇     ◇     ◇     ◇     ◇


漁業における動力がまだ人力が主体だった頃(おおむね昭和30年代まで)、
移動時間を短縮し作業効率を確保するため、沿岸の小さな島々が生産の場となった。
この嶮暮帰島(けんぼっきとう)も、コンブを乾燥させる干場として利用するため番屋が建てられ
人々が居住していた歴史がある。
またこの島は作家である畑正憲氏が一年間、ここで生活した記録を執筆していることでも有名。


e0074643_11433773.jpg


 
[PR]

by mori-to_coa | 2010-02-26 23:45 | 2008
2010年 02月 19日

旧 日本陸軍施設

e0074643_19123169.jpg

e0074643_19124354.jpg


■ 2008年09月22日・北海道広尾郡大樹町字芽武 ■


≪準備中≫


                          ●Canon EOS 40D + EF-S10-22mm 1:3.5-4.5
                           Canon EOS KissDN + EF-S17-85mm 1:4-5.6 IS


   ◇     ◇     ◇     ◇     ◇


大樹町は太平洋戦争(第二次世界大戦)の末期、
本土防衛のためのトーチカが多数つくられた地域であり、
この遺構もそれら軍事施設のひとつである。
かなりの部分が既に失われているが、大きな施設であったことが推測される。

  
[PR]

by mori-to_coa | 2010-02-19 19:15 | 2008
2010年 02月 12日

炭鉱住宅街跡

e0074643_19551755.jpg

e0074643_19561677.jpg


■ 2008年09月22日・北海道夕張市福住 ■


鬱蒼と草生した中に消えた
人々の生活の記憶


                          ●Canon EOS 40D + EF-S10-22mm 1:3.5-4.5
                           Canon EOS KissDN + EF-S17-85mm 1:4-5.6 IS


   ◇     ◇     ◇     ◇     ◇


夕張市福住はその斜面を階段状に整地し、炭鉱住宅長屋建ち並ぶ地域だった。
現在ではそのほぼ100%が撤去されているが、
法面の擁壁が残存していて当時の様子をうかがうことができる。
草生した姿が過ぎ去った歳月を寂しく現していたが、市の財政破綻後に、
今後の夕張市の観光や街の美観を整えるために桜の苗木が多数植樹されている。


e0074643_19572527.jpg

e0074643_19574592.jpg

 
[PR]

by mori-to_coa | 2010-02-12 23:45 | 2008
2010年 02月 05日

旧 北炭専用送電鉄塔

e0074643_829239.jpg

e0074643_8294065.jpg


■ 2008年09月22日・北海道夕張市丁未 ■


聳える鉄塔
感じる違和感は
それが過去の産物で
あるからだろう


                          ●Canon EOS 40D + EF-S10-22mm 1:3.5-4.5
                           Canon EOS KissDN + EF55-200mm 1:4.5-5.6Ⅱ


   ◇     ◇     ◇     ◇     ◇


夕張市には巨大な旧北炭清水沢発電所と短命ではあったが旧楓発電所などがあり、
周辺の自社各炭鉱への送電が行われていた。

この鉄塔は旧北炭万字炭鉱へと敷設されているが、
北炭の送電線等の設備の全貌が、どのようなもであったのかは不明。

 
[PR]

by mori-to_coa | 2010-02-05 23:45 | 2008