タグ:住宅 ( 20 ) タグの人気記事


2013年 03月 26日

閉ざされた記録 - 09  夕張市鹿島

e0074643_23191418.jpg

夕張市鹿島 / 1997年10月6日


初めて訪れた夕張市鹿島は、
古い街並みが続く、割と大きな集落だった。

ご老人が目立つが人々が暮らし、
その光景は、よくある北海道の山村のそのもの。
ただ、違っていたのは集団移転で、
地区そのものがなくなることが決まっていたことである。

すでに空家や廃屋、先行して移転した住宅等の解体が始まっていて、
その中で日々の暮らしが営まれていた。

移動販売車がかなり寂しくなった住宅街の一角に止まり、買い物に集まる住民たち。
何時からかは分からないが、商店などのほとんどはもう営業していないようだった。

国道を股ぐ歩道橋に『ありがとう… 』、『さよなら… 』とか横断幕が掲げてあった記憶があるが、
撮らずに後にしたので、ひょっとしたらまだ走っていた路線バスだったかも知れない。
ただただ、切なさに襲われる集落(まち)の状況だった。

廃墟には歴史や時間、生活や人の記憶が宿る。
それを撮れたらと想って始めたが、しかしその一歩手前は悲壮感に満ち、
すごく辛いもであった。


   ◇     ◇     ◇     ◇


三菱鉱業の炭鉱とともに発展した夕張市の一地区。集落人口は最盛期で2万人にもおよび、
ひとつの都市並みに社会インフラが整備され、大変栄えた街であった。
石炭産業の下火とともに衰退が始まり、1990(平成2)年の三菱南大夕張炭鉱閉山が決定的となる。
その後、シューパロダムの嵩上げ事業により、地区全体が水没するため集団移転となり
1998(平成10)年に住民の全てがこの地を去った。




 
[PR]

by mori-to_coa | 2013-03-26 00:00 | Return 1996-2003
2011年 12月 19日

旧 昭和炭鉱住宅

e0074643_2092299.jpg

e0074643_2093912.jpg

2011年05月17日・北海道雨竜郡沼田町 / Canon EOS 7D + EF-S10-22mm 1:3.5-4.5,
                                         Canon EOS KissX3 + EF-S17-85mm 1:4.5-5.6 IS ■
 
[PR]

by mori-to_coa | 2011-12-19 20:00 | 2011
2011年 10月 07日

旧虻田町営団地・桜ヶ丘3号棟 (金比羅火口災害遺構)

e0074643_21502718.jpg

e0074643_2151210.jpg

2010年10月11日・北海道虻田郡洞爺湖町洞爺湖温泉
      / Canon EOS 7D + EF-S10-22mm 1:3.5-4.5 , Canon EOS KissX3 + EF-S17-85mm 1:4.5-5.6 IS ■

e0074643_21504117.jpg


 
[PR]

by mori-to_coa | 2011-10-07 00:00 | 2010
2011年 07月 22日

旧 北炭清水沢炭鉱住宅

e0074643_2345146.jpg

e0074643_1132968.jpg

2009年05月05日・北海道夕張市清水沢清栄町
     / Canon EOS 40D + EF-S10-22mm 1:3.5-4.5 , Canon EOS KissDN + EF-S17-85mm 1:4.5-5.6 IS ■

 
[PR]

by mori-to_coa | 2011-07-22 23:45 | 2009
2010年 04月 02日

茅葺民家

e0074643_2002358.jpg


■ 2009年05月03日・北海道函館市紅葉山町 ■


北の大地に拓かれ
刻まれた日本の伝統


                          ●Canon EOS 40D + EF-S10-22mm 1:3.5-4.5


   ◇     ◇     ◇     ◇     ◇


≪準備中≫

  
[PR]

by mori-to_coa | 2010-04-02 00:00 | 2009
2010年 02月 12日

炭鉱住宅街跡

e0074643_19551755.jpg

e0074643_19561677.jpg


■ 2008年09月22日・北海道夕張市福住 ■


鬱蒼と草生した中に消えた
人々の生活の記憶


                          ●Canon EOS 40D + EF-S10-22mm 1:3.5-4.5
                           Canon EOS KissDN + EF-S17-85mm 1:4-5.6 IS


   ◇     ◇     ◇     ◇     ◇


夕張市福住はその斜面を階段状に整地し、炭鉱住宅長屋建ち並ぶ地域だった。
現在ではそのほぼ100%が撤去されているが、
法面の擁壁が残存していて当時の様子をうかがうことができる。
草生した姿が過ぎ去った歳月を寂しく現していたが、市の財政破綻後に、
今後の夕張市の観光や街の美観を整えるために桜の苗木が多数植樹されている。


e0074643_19572527.jpg

e0074643_19574592.jpg

 
[PR]

by mori-to_coa | 2010-02-12 23:45 | 2008
2010年 01月 15日

巴公団

e0074643_2111192.jpg

e0074643_21112085.jpg


■ 2008年09月22日・北海道岩見沢市栗沢町万字巴町 ■


限りなく終焉に近い時を生きる


                          ●Canon EOS 40D + EF-S10-22mm 1:3.5-4.5


   ◇     ◇     ◇     ◇     ◇


最盛期、北海道内には炭鉱員の住まいとなる専用住宅が炭鉱ごとに整備されていた。
それは日本のエネルギー政策変換後の相次ぐ閉山で解体撤去・閉鎖放置に至るが、
実際には市・町に移譲・移管され、公共住宅として元炭鉱員やその家族の住まいとなり、
改築・新築されている場合も多い。
現在でもその状況は変わらないが、時間とともに居住者が去り
空家そして閉鎖が増え出している。

  
[PR]

by mori-to_coa | 2010-01-15 21:00 | 2008
2010年 01月 08日

金谷改良住宅

e0074643_17493039.jpg


■ 2008年09月22日・北海道三笠市幌内金谷町 ■


見えた終焉と
生き続ける時間の混在


                          ●Canon EOS 40D + EF-S10-22mm 1:3.5-4.5
                           Canon EOS KissDN + EF-S17-85mm 1:4-5.6 IS


   ◇     ◇     ◇     ◇     ◇


最盛期、北海道内には炭鉱員の住まいとなる専用住宅が炭鉱ごとに整備されていた。
それは日本のエネルギー政策変換後の相次ぐ閉山で解体撤去・閉鎖放置に至るが、
実際には市・町に移譲・移管され、公共住宅として元炭鉱員やその家族の住まいとなり、
改築・新築されている場合も多い。
現在でもその状況は変わらないが、時間とともに居住者が去り
空家そして閉鎖が増え出している。

 


e0074643_17494317.jpg

 
[PR]

by mori-to_coa | 2010-01-08 17:45 | 2008
2009年 11月 15日

住宅

e0074643_19282742.jpg


2008年09月21日・北海道苫前郡羽幌町


忘れられゆく
北の大地の陰なる記憶


                          ●Canon EOS 40D + EF-S10-22mm 1:3.5-4.5


   ◇     ◇     ◇     ◇     ◇


≪準備中≫

 
[PR]

by mori-to_coa | 2009-11-15 19:30 | 2008
2009年 10月 30日

旧 羽幌炭鉱住宅

e0074643_2295169.jpg


2008年09月21日・北海道苫前郡羽幌町


人影が消えた家々に
まだ知らない
日本の未来を見る。


                          ●Canon EOS 40D + EF-S10-22mm 1:3.5-4.5


   ◇     ◇     ◇     ◇     ◇


1970(昭和45)年に閉山になった羽幌炭鉱の炭鉱住宅。
コンクリートブロックを積んだ長屋が10数棟存在しているがすでに屋根は落ち、
周辺は薮化し鬱蒼としている。

  
[PR]

by mori-to_coa | 2009-10-30 23:45 | 2008