遠い記憶、忘れられた風景。

moritocoa.exblog.jp
ブログトップ

タグ:住宅 ( 20 ) タグの人気記事


2009年 09月 25日

旧 築別炭砿・末広アパート

e0074643_116337.jpg

e0074643_1162076.jpg


2008年09月21日・北海道苫前郡羽幌町字築別炭砿


追い求めた豊かな生活の果てにあった終焉


                          ●Canon EOS 40D + EF-S10-22mm 1:3.5-4.5


   ◇     ◇     ◇     ◇     ◇


4階建鉄筋コンクリート造のアパート群。もちろん炭鉱関係者のためのもの。
使用されていた当時の状況を考えると極めてモダンで文化的な造りといえるだろ。
現在は周辺に樹木が生茂り、建物自体もかなり老朽化していて危険である。

 
[PR]

by mori-to_coa | 2009-09-25 12:30 | 2008
2009年 09月 15日

民家

e0074643_14533487.jpg


2008年09月21日・北海道苫前郡羽幌町字曙


失われた生活を伝える姿は
日々刻まれる時の流れに
ゆるやかに朽ちていく

その一時を見つめて


                          ●Canon EOS KissDN + EF-S17-85mm 1:4-5.6 IS


   ◇     ◇     ◇     ◇     ◇


炭鉱・鉱山など市・町・村や集落の中心となる産業を失った地域の衰退は激しい。
人口流失での過疎化、その地に残り生活していた人たちの高齢化も進んでいる。
これから空家・廃墟、そして無人化する小さな集落は増えるだろ。

  
[PR]

by mori-to_coa | 2009-09-15 00:00 | 2008
2009年 08月 10日

曲淵地区炭鉱住宅群

e0074643_8144222.jpg

e0074643_815566.jpg


2008年09月20日・北海道稚内市大字声問村


最近、北海道のあちらこちらで見かける
ベニヤ板の目張りは
人々が去ったことを伝えていた


                          ●Canon EOS 40D + EF-S10-22mm 1:3.5-4.5
                            Canon EOS KissDN + EF-S17-85mm 1:4-5.6 IS


   ◇     ◇     ◇     ◇     ◇


天北石炭鉱業と宗谷炭鉱の2社で運営されていた曲渕炭鉱は1964(昭和39)年に完全閉山。
宗谷地方にある炭鉱としては規模も大きく、集落も数1000人単位の人口があったといわれている。
1953(昭和28)年頃には職員約230名・鉱員住宅も26棟あったとされ、その名残を今でも見ることができる。
現存する住宅は居住者のために公営住宅として存続しているようだが、現在は僅かな入居者がいるだけだ。
建物自体は閉山後に改修または建て直されたようで新しく見えるが、すでにこの地域での役割を終えようとしている。

 
[PR]

by mori-to_coa | 2009-08-10 08:30 | 2008
2009年 06月 05日

旧 知床開拓地・ブロック積み建築跡

e0074643_18495995.jpg

e0074643_18502099.jpg

e0074643_18505465.jpg


2008年08月24日・北海道斜里郡斜里町大字遠音別村字岩尾別


残された痕跡は
その地の生活を語る


                          ●Canon EOS 40D + EF-S10-22mm 1:3.5-4.5


   ◇     ◇     ◇     ◇     ◇


この知床開拓地を含めて斜里町では多くのブロック積みの家屋・納屋・畜舎などが建てられている。
それは鉄筋などの骨材なしで誰でも簡単に積めたことや、
当時、道路環境の悪かったこの場所までの輸送にも適していたことが考えられる。
正しく生活環境が生んだ建築様式で、この地の風土といってよいだろう。

 
[PR]

by mori-to_coa | 2009-06-05 19:00 | 2008
2009年 01月 15日

八千代炭砿・炭鉱住宅跡地

e0074643_01042.jpg
e0074643_011347.jpg


2008年04月28,30日・北海道厚岸郡厚岸町大字苫多村


消えてもなお存在する
北の大地の記憶


                          ●Canon EOS 40D + EF-S10-22mm 1:3.5-4.5


   ◇     ◇     ◇     ◇     ◇


1930(昭和15)年頃の厚岸町上尾幌地区には4つの炭鉱があり、地域人口が約3800人。
ほかの産炭地同様に賑わいを持っていたが、その後歩んだ道はほかの炭鉱と同じであった。
採炭については買収や譲渡が繰り返され、経営会社・名称の変化も多い。
また太平洋炭鉱(現・釧路コールマイン)が採炭していた時代もある。

1965(昭和40)年3月、北海道開発庁が発行した5万分の1地質図幅『尾幌(釧路―第36号)』には、
厚岸炭砿と南尾幌炭砿の記載があり、これら2つが最終的なこの地での炭鉱となったと思われる。

 
[PR]

by mori-to_coa | 2009-01-15 00:15 | 2008
2008年 10月 14日

奈井江町・炭鉱住宅群跡

e0074643_2171987.jpg


2007年10月07日・北海道空知郡奈井江町字東奈井江


姿無き荒地に
いまも幻影は存在している

私の記憶の中にある炭鉱住宅群


                          ●Canon EOS KissDN + EF-S10-22mm 1:3.5-4.5


   ◇     ◇     ◇     ◇     ◇


過去、奈井江町には大小あわせて、じつに多くの炭鉱が存在していた。
この地にある慰霊碑から『奈井江町・石狩炭鉱・三井砂川炭鉱』の文字が読み取れ、
それら自治体・炭鉱に関係の深い住宅の跡地と思われる。
現在は元炭鉱関係者を中心とした高齢者向けの低層住宅に建て直されているが、
1999年(平成11)年頃までは、ほとんど人の住んでいない3階立ての鉄筋コンクリートの炭鉱住宅が林立していた。

在りし日の旧炭鉱住宅群→http://moritocoa.exblog.jp/4545843/

 
[PR]

by mori-to_coa | 2008-10-14 00:00 | 2007
2008年 04月 29日

旧 北炭炭鉱住宅

e0074643_17202449.jpg
e0074643_17153172.jpg


2007年10月06日・北海道夕張市清水沢清陵町


ここを去った人たちの影が、
実像のように見える状況は切なく、
悲しさが支配している。

人気の少なくなった街は、
廃墟としての歴史を刻み始めていた。


                          ●Canon EOS KissDN + EF-S10-22mm 1:3.5-4.5
                                           + EF-S18-55mm 1:3.5-5.6Ⅱ


   ◇     ◇     ◇     ◇     ◇


北炭の炭鉱住宅を引き継いだ夕張市の市営住宅。
会社が設備する風呂利用するのが慣例だったため現在でも個々に浴室はなく、
それを補うための市営の共同浴場がある。

今、残っているのは1971(昭和46)年以降に建てられもので、
まだ多くの住民がいるが、居住者のいない棟も目立つ。

 
[PR]

by mori-to_coa | 2008-04-29 17:15 | 2007
2007年 06月 11日

鴻ノ舞鉱山・鉱山住宅

e0074643_17461617.jpg
e0074643_17463242.jpg


2006年05月17日・北海道紋別市鴻之舞


還る
緑に還る

そして土に…

めぐる命
めぐる想い


                          ●Canon EOS Kiss DN + EF-S18-55mm 1:3.5-5.6 Ⅱ


   ◇     ◇     ◇     ◇     ◇


昭和時代に東洋一の金の生産量を誇り、
人口1万人を超える人たちが暮す街であった。
1973(昭和48)年に資源の枯渇と金の市場価格の下落で、
閉山されたあと、町そのものも消えた。

総生産量は金64.7t ・銀965t 。

今は旧鉱山を管理する会社の小さな事務所と、
職員宿舎の何棟かに人の生活があるだけだ。
 
 
[PR]

by mori-to_coa | 2007-06-11 17:45 | 2006
2007年 04月 21日

民家廃屋

e0074643_12374037.jpg


2005年08月29日・北海道厚岸郡浜中町幌戸


北の大地に抱いた夢は
辛く厳しい現実に翻弄され
冷たい時代を繰り返す。

古びた記憶は、
そんな歳月の標(しるし)。


                          ●OLYMPUS CAMEDIA C-300zoom


   ◇     ◇     ◇     ◇     ◇


北海道開拓を一攫千金のチャンスと考えた人や入植当時の貧困などから
家は仮住まいともいえるよな木造+板葺きの簡素な造りであった。
やがて定住や生活が安定すると、風土にあった住宅が発達して来るが、
冬期間の積雪凍結環境から瓦屋根が適さずトタン葺きとなる。
この屋根は北海道の家の象徴といってよいだろう。
 
 
[PR]

by mori-to_coa | 2007-04-21 13:00 | 2005
2007年 02月 22日

浦幌炭鉱住宅

e0074643_21532159.jpg
e0074643_21533420.jpg


2004年10月12日・北海道十勝郡浦幌町字福山


過ぎ去りし日々は遠い想い出。

繰り返された日常は、
華やかだった時代の象徴。

今は深くなりつつ緑に
長い影を落とす。


                          ●OLYMPUS CAMEDIA C-300zoom


   ◇     ◇     ◇     ◇     ◇


しっかりとした形で残っているものは炭鉱住宅だけだが、
確かにこの辺りに街が存在していた。
ほかに病院跡が比較的わかりやすいのだが、
いずれにしても基礎だけである。

この建物自体も使用されたブロックやコンクリートの劣化が激しく、
崩壊を心配するほどであったが、近年、保存するための補修が施された。
 
 
[PR]

by mori-to_coa | 2007-02-22 00:00 | 2004