遠い記憶、忘れられた風景。

moritocoa.exblog.jp
ブログトップ

タグ:戦争遺産 ( 18 ) タグの人気記事


2013年 02月 12日

閉ざされた記録 - 05  旧日本陸軍 根室飛行場・掩体壕

e0074643_2215311.jpg

旧日本陸軍 根室飛行場・掩体壕 / 1996年11月7日


根室市は千島列島への玄関口(中継地)として重要な拠点となり、
明治の開拓当初から発展し、北海道の中でも歴史があった。

残念ながら終戦間際の空襲で、古い街並みのほとんどを失ったが、
煉瓦サイロや倉庫、時代を築いた無線電信局など、
街の栄華を伝える証しが点在し残っている。

それととともに忘れてならないのは戦争遺産だ。
想定した北方からのアメリカ軍の本土侵攻に備えて、
急造された滑走路や掩体壕、トーチカなど、
いまだに形を留めるものも多く、一部、書籍などでも紹介されている。

戦後、多くの施設は土地ごと民間に払い下げられ、
写真の掩体(えんたい)壕は、牧場の倉庫・車庫などとして使われいたようだが、
私が訪れた時、家主が既にいなくなっていた。

『戦争』という名の下の遺産の脇に立つ、寂しい生活の記憶。
繰り返された終焉が見えていた瞬間である。


   ◇     ◇     ◇     ◇


太平洋戦争(第二次世界大戦)末期の1944(昭和19)年から翌年にかけ、
根室半島にはアメリカ軍の上陸に備えて、本土防衛のための施設が建造された。
それは敵を向かい討つための陣地であるトーチカが多いが、飛行場や電探所(地下施設)も整備されていた。
掩体(えんたい)壕とは、戦闘機や車両など爆撃から守るものである。



 
[PR]

by mori-to_coa | 2013-02-12 00:00 | Return 1996-2003
2012年 03月 12日

旧日本陸軍 計根別第一飛行場・掩体壕

e0074643_13511822.jpg

2011年07月12日・北海道野付郡別海町本別 / Canon EOS 7D + EF-S10-22mm 1:3.5-4.5 ■


 
[PR]

by mori-to_coa | 2012-03-12 00:00 | 2011
2012年 02月 06日

旧日本陸軍・トイトッキ浜トーチカ

e0074643_1129544.jpg

2011年07月06日・北海道中川郡豊頃町打内 / Canon EOS KissX3 + EF-S17-85mm 1:4.5-5.6 IS ■


  
[PR]

by mori-to_coa | 2012-02-06 00:00 | 2011
2012年 01月 20日

旧日本陸軍・津軽(函館)要塞・千畳敷砲台

e0074643_1004292.jpg

2011年05月19日・北海道函館市函館山 / Canon EOS 7D + EF-S10-22mm 1:3.5-4.5 ■


 
[PR]

by mori-to_coa | 2012-01-20 10:00 | 2011
2012年 01月 16日

旧日本陸軍・津軽(函館)要塞・戦闘司令所

e0074643_2311468.jpg

2011年05月19日・北海道函館市函館山 / Canon EOS 7D + EF-S10-22mm 1:3.5-4.5 ■


 
[PR]

by mori-to_coa | 2012-01-16 00:00 | 2011
2012年 01月 13日

旧逓信省・電話ケーブル装荷線輪建屋

e0074643_21591291.jpg

e0074643_21595244.jpg

2011年05月18日・北海道小樽市春香町 / Canon EOS KissX3 + EF-S17-85mm 1:4.5-5.6 IS ■


 
[PR]

by mori-to_coa | 2012-01-13 00:00 | 2011
2011年 08月 12日

旧 日本陸軍・電波塔基礎

e0074643_21253196.jpg

2009年05月26日・北海道根室市豊里 / Canon EOS KissX3 + EF-S17-85mm 1:4.5-5.6 IS ■
[PR]

by mori-to_coa | 2011-08-12 00:00 | 2009
2010年 02月 19日

旧 日本陸軍施設

e0074643_19123169.jpg

e0074643_19124354.jpg


■ 2008年09月22日・北海道広尾郡大樹町字芽武 ■


≪準備中≫


                          ●Canon EOS 40D + EF-S10-22mm 1:3.5-4.5
                           Canon EOS KissDN + EF-S17-85mm 1:4-5.6 IS


   ◇     ◇     ◇     ◇     ◇


大樹町は太平洋戦争(第二次世界大戦)の末期、
本土防衛のためのトーチカが多数つくられた地域であり、
この遺構もそれら軍事施設のひとつである。
かなりの部分が既に失われているが、大きな施設であったことが推測される。

  
[PR]

by mori-to_coa | 2010-02-19 19:15 | 2008
2009年 07月 20日

旧日本海軍大岬望楼 ②

e0074643_842636.jpg


2008年09月20日・北海道稚内市宗谷村


はためく国旗のもと
流した血と汗の記憶に
空は蒼く、沈黙する


                          ●Canon EOS 40D + EF-S10-22mm 1:3.5-4.5


   ◇     ◇     ◇     ◇     ◇


1902(明治35)年にロシアとの国交悪化の備えとして、旧日本帝国海軍が建設したもの。
国境の海上監視に使用され、重要な任務のひとつに当時最強といわれたロシアのバルチック艦隊の監視活動があった。
しかし1904(明治37)年に無線設備が整備されると、監視よりも無線通信所として機能した。
太平洋戦争では対潜水艦監視基地として使用された記録も残っている。
いずれにしても国境の海を守る重要な役割を果たした施設であった。

また稚内市には他に明治年代の建築物が現存せず、
1968(昭和43年)に市の有形文化財に指定されている。

 
e0074643_8103654.jpg

 
[PR]

by mori-to_coa | 2009-07-20 08:00 | 2008
2009年 05月 30日

旧日本軍本土防衛陣地・桂木トーチカ1, 2

e0074643_1820225.jpg

e0074643_18202183.jpg


2008年08月09日・北海道根室市桂木


忘れられない記憶
知らない記憶

流れた歳月に
たどる想いは違っても
その存在は変わらない


                          ●Canon EOS 40D + EF-S10-22mm 1:3.5-4.5


   ◇     ◇     ◇     ◇     ◇


1944(昭和19)年の夏から翌年にかけて、防衛のために多くのトーチカが建造された。
当時は砂の中に埋設されていたが戦後、砂の採取や飛散によって完全に姿を現しているものが多い。
アメリカ軍による攻撃や破壊はなく、一部は戦後、工事時などに撤去されたといわれているが
今でも、市内の海岸部中心に15基のトーチカと2ヶ所の地下施設などが現存している。

  
[PR]

by mori-to_coa | 2009-05-30 18:30 | 2008