遠い記憶、忘れられた風景。

moritocoa.exblog.jp
ブログトップ

タグ:福利厚生施設 ( 6 ) タグの人気記事


2012年 01月 06日

旧 浅野炭鉱(雨竜炭鉱)・共同浴場

e0074643_222375.jpg

e0074643_2222013.jpg

2011年05月17日・北海道雨竜郡沼田町字浅野 / Canon EOS 7D + EF-S10-22mm 1:3.5-4.5,
                                         Canon EOS KissX3 + EF-S17-85mm 1:4.5-5.6 IS ■

 
[PR]

by mori-to_coa | 2012-01-06 00:00 | 2011
2011年 10月 10日

旧虻田町営温泉・やすらぎの家 (金比羅火口災害遺構)

e0074643_1645751.jpg

e0074643_16444823.jpg

2010年10月11日・北海道虻田郡洞爺湖町洞爺湖温泉
      / Canon EOS 7D + EF-S10-22mm 1:3.5-4.5 , Canon EOS KissX3 + EF-S17-85mm 1:4.5-5.6 IS ■

 
[PR]

by mori-to_coa | 2011-10-10 00:00 | 2010
2011年 09月 16日

旧 雄別炭礦・共同浴場

e0074643_11472872.jpg

2010年04月27日・北海道釧路市阿寒町雄別 / Canon EOS 7D + EF-S10-22mm 1:3.5-4.5 ■

 
[PR]

by mori-to_coa | 2011-09-16 23:45 | 2010
2008年 01月 22日

旧 雄別炭礦・職員倶楽部②

e0074643_2347951.jpg
e0074643_23472943.jpg
e0074643_23474292.jpg
e0074643_23475562.jpg
e0074643_2348958.jpg


2007年07月02日・北海道釧路市阿寒町雄別


時間(とき)の流れは残酷で、
日々、刻々と朽ちる様は止めようもない。

でも、その一瞬にみせる美しさが、
廃墟の魅力なのだ。

運よく出遭うこともあれば、
振られることもある。


                          ●Canon EOS Kiss DN + EF-S10-22mm 1:3.5-4.5


   ◇     ◇     ◇     ◇     ◇
 

雄別炭礦が管理していた付属施設で、おもに官庁等からの来賓をもてなすのに利用されていた。
毎夜のようにパーティーが開かれていたという秘話が残り、そのつくりの豪華さから『雄別御殿』と呼ばれていた。
閉山後、隣接して建てられていた職員合宿(寮)とともに山荘として利用されたが、すぐに閉鎖される。
現在は職員倶楽部のみ残っているが、木造モルタル造の建物は痛みが激しく、崩壊寸前である。

 
[PR]

by mori-to_coa | 2008-01-22 00:00 | 2007
2007年 07月 11日

旧 雄別購買

e0074643_19311697.jpg


2006年05月18日・北海道釧路市阿寒町雄別


建物を破壊し開けられた風穴は、
閉ざされた過去を照らす窓。


                          ●Canon EOS Kiss DN + EF-S18-55mm 1:3.5-5.6 Ⅱ


   ◇     ◇     ◇     ◇     ◇


1960年(昭和45年)に閉山した雄別炭礦鉱員(職員)のために営業していた
生活用品などを販売する購買である。
原価(標準小売価格)販売が当たり前だった時代に、
商品の大体が20%引で売られていた記録があり、当時の炭鉱の盛況振りがわかる。
また傷みが激しいが建物自体も内部の造りに趣向が凝らされていたことが、今でもうかがえる。
 
[PR]

by mori-to_coa | 2007-07-11 19:30 | 2006
2007年 07月 01日

旧 雄別炭礦・職員倶楽部

e0074643_1013175.jpg


2006年05月18日・北海道釧路市阿寒町雄別


贅の限りを尽くした洋館は、
当時の輝ける星、象徴。

過酷な労働がつくり出した富は強大であり、
産業が街そのものであった。

だが過ぎた歳月は残酷で、
今まさにそんな記憶とともに、
燃えつきようとしている。


                          ●Canon EOS Kiss DN + EF-S18-55mm 1:3.5-5.6 Ⅱ


   ◇     ◇     ◇     ◇     ◇
 

雄別炭礦が管理していた付属施設で、おもに官庁等からの来賓をもてなすのに利用されていた。
毎夜のようにパーティーが開かれていたという秘話が残り、そのつくりの豪華さから『雄別御殿』と呼ばれていた。
閉山後、隣接して建てられていた職員合宿(寮)とともに山荘として利用されたが、すぐに閉鎖される。
現在は職員倶楽部のみ残っているが、木造モルタル造の建物は痛みが激しく、崩壊寸前である。
 
 
[PR]

by mori-to_coa | 2007-07-01 00:00 | 2006