遠い記憶、忘れられた風景。

moritocoa.exblog.jp
ブログトップ

タグ:農林水産 ( 19 ) タグの人気記事


2009年 05月 05日

知床開拓地跡(幌別地区)

e0074643_20273923.jpg

e0074643_18192266.jpg

e0074643_18194064.jpg

e0074643_18195557.jpg


2008年07月12-13日・北海道斜里郡斜里町大字遠音別村字岩尾別


多くの人たちが夢見た希望の地
その想いに振り返る

遠い記憶、今は森へ


                          ●Canon EOS 40D + EF-S10-22mm 1:3.5-4.5


   ◇     ◇     ◇     ◇     ◇


自然の偶然よってつくられた山間部にあるなだらかな土地を農地とするため、
明治時代末、開拓が計画される。実際の入植は1914(大正3)年から始まり、
集団入植によって開拓者が増えるのはその4年後になってから。
戦後の1945(昭和20)年からは食料・就業対策のため農水省によりさらに開拓事業が計画され、
入植者は増加して行った。
計3度の集団入植があり1955(昭和30)には世帯数約60戸(詳しい記録はないが
人口200~300人前後ではないだろうか)までになっている。
入植は政府が推進したものであったが過度の開拓事業の見直し、
高度経済成長による都市部の労働者不足を補うため離農を助成したことや、
知床半島の国立公園化の流れがあり、1966(昭和41)年に集団離村に合意した
(実際には一部が引き続き耕作をしていたため、完全な離村は何年も後のことになる)。
その後、残された家屋等も風雨雪などによりほとんどが倒壊している。
唯一、屋根が落ちずに残っていた国道沿いの民家は2008年の秋から修復されて、
この地の開拓の歴史と自然との関りを伝えるため保存活用されることになった。
また開拓地跡は現在100㎡運動から始まったトラスト用地となっていて、
森林再生事業が行われ保全されている。

*見学・撮影などは道路脇から見えるものだけにしたい。
ヒグマが普通に生息している地域であるため、
緊急時への充分な判断・対処のできない状態で探索は非常に危険である。

 
[PR]

by mori-to_coa | 2009-05-05 23:45 | 2008
2009年 04月 10日

漁業倉庫・厩舎跡

e0074643_1012378.jpg

e0074643_10125269.jpg

e0074643_10192976.jpg


2008年06月29日・北海道網走市字美岬


迫りつつある海の様相に
流れた歳月を感じた

ここでの営みが
失われて久しい


                          ●Canon EOS 40D + EF-S10-22mm 1:3.5-4.5


   ◇     ◇     ◇     ◇     ◇


定置網等の漁業関係の倉庫・作業場、その際に使われた役馬の厩舎と考えられるが、
詳細は不明。

また残されている建物は荒廃が進み、海岸侵食がすぐそこまで迫っている。

 
e0074643_10195114.jpg

 
[PR]

by mori-to_coa | 2009-04-10 10:15 | 2008
2009年 03月 20日

旧 柳田東梅牧場事務所

e0074643_18201242.jpg


2008年06月23日・北海道根室市別当賀


在りし日の栄華を伝え、
そして消え往く


                          ●Canon EOS 40D + EF-S10-22mm 1:3.5-4.5


   ◇     ◇     ◇     ◇     ◇


1876(明治9)年に創業した柳田東梅牧場(柳田藤吉:根室開発の第一人者で、
明治時代の政商)の事務所で、建築は90年前の1919(大正8)年。
白漆喰塗りでデザインにも秀で、細部に渡り贅の限りが尽くされていた洋館は、
建設当初は絶対的な威厳を放っていたと想われる。
かなり前から使われてないようで現在は左の2階部分が崩れ、
また建物全体にねじれが生じて倒壊の恐れが高まっている。
2007年(平成19)頃までは荒廃していたとはいえ建物外観の全体像がうかがえる状態で残っていたが、
急激な損壊は2008年(平成20)冬の暴風雪が影響したようだ。
過去には市の文化財として修復・保存をとの声もあったらしいが、
それに要する莫大な費用の捻出が困難なため、残念ながら現状の姿となっている。

 
[PR]

by mori-to_coa | 2009-03-20 18:15 | 2008
2009年 01月 10日

旧 根室営林署厚床種苗事業所

e0074643_2155381.jpg
e0074643_13532995.jpg
e0074643_13534235.jpg
e0074643_1358124.jpg


2007年12月29日,2008年1月04日・北海道根室市東厚床


残り伝えるものは、
歳月を重ねるほど大きくなるはずだから、

『廃墟』というレッテルの資料館があってもいい。


                          ●Canon EOS KissDN + EF-S10-22mm 1:3.5-4.5
                                          + EF-S18-55mm 1:3.5-5.6Ⅱ


   ◇     ◇     ◇     ◇     ◇


植林する苗木を育成していた事業所である。
広大な苗畑をはじめ事務所・詰所・倉庫2棟・作業小屋・便所そして職員宿舎と
多数の建築物が存在していた。

これらは林業の衰退とまた所属官公庁の組織改革によって使われなくなれ、休止管理下にあったものである。
しかし老朽化が激しく倒壊の危険性が増したため2008(平成20)年1月、解体撤去された。

 
[PR]

by mori-to_coa | 2009-01-10 21:00 | 2008
2008年 04月 01日

冷凍倉庫跡

e0074643_1982944.jpg
e0074643_1984629.jpg


2007年09月09日・北海道標津郡標津町


慌しさが嘘だったように、沈黙する。


                          ●Canon EOS KissDN + EF-S10-22mm 1:3.5-4.5


   ◇     ◇     ◇     ◇     ◇


放棄された冷凍倉庫と想われるが、単独か水産加工場の一部であったのかは不明。
ただ近隣に幾つかの同等施設があるので、それらの旧施設か競争により廃業したものの何れかと考えられる。

 
[PR]

by mori-to_coa | 2008-04-01 00:00 | 2007
2008年 02月 26日

旧 パイロットファーム型牧場・大型サイロ

e0074643_12395030.jpg


2007年07月23日・北海道野付郡別海町本別海


広大な大地に抱いた大きな夢は、
巨大経済と変革の流れに翻弄する。

今は使う人も、充てもない
大型サイロは、
静かに藪の中に。

 
                          ●Canon EOS KissDN + EF-S10-22mm 1:3.5-4.5


   ◇     ◇     ◇     ◇     ◇


1955(昭和30)年、酪農地域として発展して来たこの地域に、
大規模酪農経営を推進するパイロットファーム(Pilot Farm)事業が展開された。
それは巨大な設備と機械化で多くの乳牛を飼育し、生産量を増加させ安定した経営基盤を築くのが目的であった。
しかし初期段階に多額の出資が必要なうえ、
乳価の下落や営農技術の変化による新たな設備投資など問題が多く、
離農したところが少なくなかった。

 
[PR]

by mori-to_coa | 2008-02-26 00:00 | 2007
2007年 08月 12日

根室缶詰・旧生産工場②

e0074643_2011241.jpg


2006年09月24日・北海道根室市本町


ゆっくりと、ゆっくりと解体される工場。

タイミングを見計らって何度か足を運んだが、
望むようなシャッターチャンスには出逢えなかった。


                          ●Canon EOS Kiss DN + EF-S18-55mm 1:3.5-5.6 Ⅱ
 
 
[PR]

by mori-to_coa | 2007-08-12 20:00 | 2006
2007年 08月 02日

根室缶詰・旧生産工場

e0074643_7192058.jpg
e0074643_7193148.jpg


2006年09月04日・北海道根室市本町


経済が世界的な合理化・集約へ進む時代、
それは一国の地方が刻んで来た記憶や想いも変えてしまう。

情報が世の中のすべてを左右する現在、
止めようのない流れの中に消えゆくものが多い。


                          ●Canon EOS Kiss DN + EF-S18-55mm 1:3.5-5.6 Ⅱ


   ◇     ◇     ◇     ◇     ◇


1919(大正8)年、創業者である山本国之助が北海道根室市で海産物問屋を始める。
1933(昭和33)年、国後島に『ハナサキガニ』の缶詰工場を設立し、操業を開始。
戦後の1949(昭和24)年には新たに根室市に缶詰工場を建設する。
現在では製品原料を旬の根室近海産の天然物に限定し自社で買付、
また製造にも化学調味料等の食品添加物を一切排除した生産をおこなっている。

写真の工場は生産ライン統合のために2003(平成15)年に設備を移設し閉鎖。
建設年代が古い木造建築の工場跡を、何らかの利用をしながら保存を模索していたが、
2007(平成18)年に解体された。
 
 
[PR]

by mori-to_coa | 2007-08-02 23:45 | 2006
2007年 05月 21日

造船所群跡

e0074643_21535923.jpg


2006年05月03日・北海道根室市海岸町


失われた在りしの姿に想いを寄せて生きる街。

漂う焦燥感はゆるやかに、そして確実に
人々のささやかな希望を
消し去って行く。


                          ●Canon EOS Kiss DN + EF-S18-55mm 1:3.5-5.6 Ⅱ


   ◇     ◇     ◇     ◇     ◇


根室市の根室港周辺には、多くの造船所が存在していた。
おもに漁船を造り、これは北洋海域で展開されたこの町の基幹産業である水産業を支えていた。
今では全てが閉鎖され、新しい船がこの港で進水することはなくなっている。

 
[PR]

by mori-to_coa | 2007-05-21 00:00 | 2006